関節には不可欠な存在

ヒアルロン酸は関節に多く存在しています。
液体ですが、粘り気があり、骨と骨のつなぎ目で、クッションの働きをしています。
スポンジの性質と言うよりは、ビーズクッションのように、臨機応変な関節の動きに対応しています。
関節部分にはヒアルロン酸だけではなく、コンドロイチン硫酸とケラタン硫酸と言うこんにゃくのような成分もあり、それを包み込み関節の動きをスムーズにしています。
もちろんヒアルロン酸と相性の良いコラーゲンなども同じ働きをしています。

関節には太い骨ではなく軟骨があります。
それが動く事によって、関節の折り曲げを行うのですが、周りを固める筋肉とともにヒアルロン酸の働きが重要になってきます。
多ければ多いほどスムーズに働く事になります。
この軟骨には軟骨細胞か散らばっていて、豊富なヒアルロン酸が存在しています。

関節が動く時だけではなく、普段から体を支えるのも関節の大きな仕事です。
その時に重みをうまく分散するのもヒアルロン酸などが多いほうが良いです。
関節痛に悩んでいる方がダイエットをすると、痛みが軽減するというのも、負担が小さくなるからです。

関節にとっては、大切なヒアルロン酸ですが、年とともに減ってしまうことで、関節の間のクッションが薄くなって、互いに骨を擦り洞して痛みが出ます。
ですから、治療としてヒアルロン酸注射等を痛いとこに直接打つことで痛み軽減をすることがあります。
これも一時的な関節痛の軽減はできますが、継続して打つことで本格的な効果が出ます。